¥60,000

なんだこれなんだこれなんだこれーーーーーーーーーーーーーー

4回目です。まだ128GBにしか成功していませんが、
IMOD(コンデンサをへ

そんなことより、iTunesになって、iTunesストアから、何千曲も買ったと思います。新しい音楽をいっぱい知ったと思います。

しかし、「ある時点」でなぜか、古いライブラリが聴きたくなり、私の場合は(たぶん何百枚とCDを捨てて)まったく新しい世界の音楽を(会社をやめて日本最速のインターネットをケーブルを敷いて、全部視聴して、集めました。CDはかさばりますし、結局iTunesに入れても音が変わってしまうので、CDはCDデッキで聴いたほうが良いのですが、「iPod」という、

あんなに「部屋を大量に占めていたCDやレコード」が「昔で言うカセットテープ1つ分」のサイズにおさまるなんて、CDなんかいりません。iTunesさえあれば

しかし、「ある時点」で、昔のどこかのメロディの時点で、昔の

途中レコードにも戻りましたが、やっぱりiTunesに戻りました。(Android、オーディオ向けスマホ、iPhone、Apple Music、Spotifyも同じコースです)

実は書きますが、私は実はiPodに「こだわっている」わけではなく、新しいものは何でも好きで、このiPodを超えるものがでるんであれば、はっきり書きますが、「全ての製品をそれに変更」します。

しかし、変えばわかりますが、ぜひ、オーディオ専門ショップで買うプレイヤーと、こちらのiPodを比べてみてください。たぶん、それらのオーディオの70万円とか買わなくなります。

とにかく、その「(ご自身にとって)古い曲」、同じファイルを聴いてみてください。

あなたが使っているiPodやスマホではなく、”アビーロード(出品者の識別出品名です)”をおすすめいたします。

別ページの5.5は、音楽好きだったスティーブ・ジョブズさんがかなりこだわって作った製品なため、つまり昔は、「オーディオ」自体に市場があったのです。「音楽自体」といいますか、「音楽そのもの」今もありますけど、もっと市場が強いかんじです。

今は「音楽を聴かない」という人はいますが、「みんな、大半の人が”音楽を聴いていた”」みたいな時代があるんです。

今でいうと宇宙産業の市場のようなかんじで、「音響市場」というのがございまして、才能ある人たちが、こぞって「音楽・音響」をやっていた時代があるのです。

例えば、スティーブ・ジョブズさんも10年違えばジョン・レノンのような革命的な音楽家だったかもしれない、ような、時代の背景です。

それらの世代を体験している場合、「音楽」というたった1つのカテゴリで市場自体が成り立っていた時代があるのです。つまり、「オーディオメーカー」があった時代です。

5.5のiPodというのは、それらの時代のDAC(デジタルToアナログ・コンバータ)などが、Appleコンピュータの創業者のスティーブ・ジョブズさんの指揮によって、”コンピューター”と相まって、極限まで達成されております「名機」です。

例えばビートルズをインターネット配信にするだけでも、1冊の本ができるぐらい、さまざまな工夫と努力の結晶で、”だれでも1ドルで”恐ろしい歴史的な「名曲」が聴けるようになっているんです。

今は死にましたので、なんかまたもとの時代に戻っていますが、

もちろん、今でも音楽が好きな人はいます。

例えば、今の世代(もう少しあとだとまたちょっと違うと思います)はおそらく「アニメ」なんですけど、同じアニメを見ても、「声優」になりたい人、その「音楽」に興味を受ける人、「製作」をやろうと思う人も様々です。

なので今は音楽自体は細分化されて、ずいぶんと大学・専門学校のコースなども増えています。(それら市場自体は存在します)

いずれの場合も、スティーブ・ジョブズさん前後の20年ぐらいの世代は、「ほとんどの世代のみんなが音楽を聴いていた」世代で、だれかしら、好きな音楽、アーティスト」があります。

ここで注意点がありますが、この世代のiPodは「先進国向け」なので、今台頭しています新興国(音楽自体は新興国のほうが力があります)の言語のみ、対応しています。

AppleがiPhoneに舵をきったのは、そういった「インターネットの平等」や、社会貢献の立場からは的確て適切だと思います。「音楽どころではない」場合はインフラが先です。

逆をいうと、先進国にしてくれた恵まれた日本でないと、「機器」ではなく「音質」を最先端テクノロジーで作る、みたいな「次のステップ」に届く環境はない気がします

そして、その音「質」があなたにもたらす効果は、このページで迷っていた自分が過去に思えるほどの、新しい景色が広がります。




前述しましたように、スマホを変えても、新しいDJに出会っても、どこかの時点で「よく聞くライブラリに戻る」ときがあると思います。

ぜひ、こちらの”アビーロード”でその「好きな」ファイルを聴かれてみてください。

もともと”アビーロード”と言う名称は、iPodやiTunesに入っている全く同じファイル”ビートルズ”を聴いた時に、これ、「アビーロードスタジオでポール・マッカトニーが聴いていたビートルズのバンド内のサウンド臨場感そのものじゃないか?」と思ったんです。ジョンレノンの息遣い、バンドのグルーブ(cf.)臨場感)、

こちらの調整されたコンデンサや、金を配合してSSDですとか、こちらではそんなことを17年ぐらいやっておりまして、

たぶん、出来る方法を全部やっている(数学的ですと作業中は全方式試してています)時に、なんでこの音になったのかわかんないんですが、

ちょーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーと

ようするに、すでに5.5のサウンドはオリジナルより良くなっており、(これはHDDからSSDにやったときに、音はよくならず、そこで9年かかりました。それで、ようやく5.5に合うSSDがみつかって、しかし、その容量512,128,

また、仮に同じシリーズのNAND(音楽を格納するSSDの部分です)でも、128と256では音が変わるんです。

そこで再調整が必要になりまして、

そして、IMODというのは、iPodのコンデンサを物理的に変更するタイプで、方法自体は10年前からあるのですが、

つまり、「SSDで音が変わるのに、コンデンサを変えるぐらいでは、良い音にはならない」んです。

しかし、こちらには、それらののSSDのみの、部材のみの実績を積み重ねさせて頂いておりまして、つまりコンデンサを変える場合でも、全体の方向がみつかり、バランスを叶えることができるのです。

そして、世界初の「ワイヤレス」(5.5の音が出来て、それにワイヤレスをのせる、という作業です

の製作過程の開発の上で、どうしても、SSDの構造をコントローラーとNANDを分ける必要、

そして、また、同じようにバッテリーの容量は物理的な容量(Macbookの背面が実際にはバッテリーで覆われているように)技術的なアプローチが必要だったのです。

つまり、SSD自体を既存のものではなく、分離させる必要があり、その中で別ページに書きましたが、HDDと本体をつなぐフレキ(ケーブル)を変えるだけで音がかわり、

NANDでも変わり、「そこに金を配合」すれば良い、と思ってやってみたら、”マジ”だったんです。

その”SSDの内部に金を配合”するという概念は、そんなん512GBと128GBのNANDを作る機械的なコストが(これは服でもサイズS,MLは記事の大きさは違いますが価格は同じですし、コストなんて大幅にかわることはないですし、ようするに開発費をだとは思うんですが、

しかし2019年の今になっても”まだ容量価格を分けているような”Apple、Google、その他のメーカーに、その”サウンド”の概念”など、まだまだ先になると思います。

例えば、SSDでも(今でもたまにいらっしゃいますが)デジタルなので

いや、違います。音は違うんです。SONYでさえ、10年ぐらい遅れて、それを認めて製品化していますが、本体にはなんら記載はありません。

それらを複合させて「あたりのiPod(これはまったく同じ型番を20台ぐらい買うと1つはすごく良い音が出る)を人為的にパーツを選定して、その1つをつくる(それらのランダムより断然音は良くなります


よし、かけなかった、またあした書きます。


いずれの場合も本ページはすでに11万でワイヤレスページがございます”アビーロード”のノーマル(ワイヤレスなどがない普通のノーマル(の世界初同じサイズなのに4倍バッテリー)です。

アビーロードを例えば別ページの512GBのSSDに変えても、”アビーロード”の音にはなりませんため、

今日
2019年8月21日現在、「128GB」のみが、”アビーロード”のサウンドがでます。

実際にはこちらのメインの5.5に使っておりますNANDと、配合は違いますが、同じラインです。

また、SIL(IMODの世界標準)をこのSSDに変更しても、どちらも良くはならないため、SILはSILで別NANDで構築されております。


”アビーロード”のサウンドは、絶対にポール・マッカトニーさんが、ビートルズ内のバンドで演奏している時に、聞こえるおとなのではないか、というぐらい(ほんとにこのiPodを本人に聴かせて感想をきくつもりです)

お使いのまったく同じiTunesストアのビートルズのアルバムでも、ジョンレノンの笑い声が聞こえます。

このレコーディングでジョンレノン笑ってるじゃん!(アンソロジーではなく、オリジナル・アルバムの曲です)という、バンド内で演奏してジョンレノンの顔がみえるような、

ビートルズはオリジナルアルバムは(国によってい違いますが)13枚です。

ぜひ、すでに聴いたことのございます、


いいえ、本日これを書かせて頂いております理由は、「ビートルズでなくても」タイトルの「なんだこれなんだこれなんだこれーーーーーーーーーーーーーー」

という音が出るからです。

と申しますのは、iTunesに入っていた、昔よく聴いていた、ようなアーティストの曲がかかった時の、そして、

アビーロードは、3枚ページを書いていますが、ひさしぶりに深夜の2時に聴いたのに、


目が覚めるぐらい(やっぱり恐ろしく音が良く、別世界)

でした。

なんだこれなんだこれなんだこれーーーーーーーーーーーーーー

と、なります。

カラーはお選びいただけます。外観は他のページの”ノーマル”と変わりません。

先にご予約や、BTをいっぱい出さなければなりませんため、またいつか準備ができたら写真(外観は同じですが)出しますね。


”アビーロード”でも、”ノーマル”でございますれば、製作にはBTほどかかりませんため、オーダー頂けます場合は、1週間ぐらいでお届けできると思います。

「カートに入れる」のメモ欄から、ホワイトなどのカラーをご連絡いただけますれば幸いです。


あなたの好きだったiTunesに入っているライブラリが完全に生まれ変わります。

音が良すぎるため、「同じファイルなのに新しい今後の20年をはじめることができる」ぐらいおすすめですのが、出品名「アビーロード」です。

繰り返しになりますが、128GB(スタミナ)です。256GBや512GBはまたいつか成功しましたら、別ページにて、お知らせいたします!


最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございました。
ユーザーさまのメモ(公開)
0 items
Share Product
Share via E-Mail Share on Facebook
Share on Twitter
Quick Find
 
Use keywords to find the product you are looking for.
Advanced Search